タイ王国に関するビジネス研修をサポートします。

受講者 2,000名の実績!。

■「 タイ赴任前研修 /  新任駐在員研修」を行います。

① 赴任者の不安を少しでも解消します。

② 赴任者心得を学び、自らの使命を再確認していただきます。

③ 「駐在員はタイで働かせてもらう外国人」です。現地スタッフのためにもタイのビジネス文化を学びます。

④ 帯同家族の生活や安全にも配慮した内容です。

■ 「現地タイ人スタッフへの研修」も行います。

① タイ人スタッフへ日本人の価値観やビジネススタイルを理解してもらいたい。

② 現地スタッフと日本人駐在員のコミュニケーションを深めたい。

などお考えの現地日系企業様をサポートします。日本人とタイ人の講師が現地スタッフにタイ語で研修を行います。

■ 受講者様の感想(最近のアンケートより)

◇ タイに旅行にも行ったことがなく、タイのことを何も知らなかったため、今回のセミナーを受講し、タイの状況や文化等を知ることができました。(オフィース家具メーカー様)

◇ 社内の研修では知り得なかった、タイ人の特性等を知ることが出来た。(自動車部品メーカー様)

◇ タイ人の気質、価値観、労働に対する考え、マネジメントを行う際の留意点について知ることができ、また現地人と接する際はその国の事情に合わせた接し方を心掛ける必要があるということを学ぶことができ、大変参考になりました。ありがとうございました。(自動車部品メーカー様)

 過去に赴任したことがあるため、知っている内容も多かったですが、改めて復習し最新事情を理解する良い機会となりました。また、労務管理上の問題点についても何となく聞いていた課題を深堀りして説明していただけたため、良く理解できました。(品質検査業様)

 講師の現地でのご経験を踏まえた実用的な情報が満載で、弊社のタイ赴任者へ是非受講を勧めたいと思いました。(商社海外人事担当者様)

 

<最新情報!/  2024年3月現在>

受講者様が延べ2,000人を超えました。

2013年より開始したタイ赴任前研修の受講者様が、2024年1月15日時点で延べ1,520社、2,008名様に達しました。

■2024年5月13日(月)  タイ赴任者向けオンラインセミナーを開催します。                

テーマ:「即実践! タイ式ビジネス文化の理解」

タイの文化を理解せず日本式を押し付けるマネジメント手法はタイ人社員との軋轢を生じます。駐在員が起してしまう問題行動と回避するマネジメント手法をお伝えします。タイに赴任されて間もない方、これから赴任される方が対象です。日本からのオンラインも参加可能です。

13:00~16:00(タイ時間)

15:00~18:00 (日本時間)

詳細はこちらをクリック 

 

■ 国別派遣前セミナー(タイ)の講師を代表の山下が毎年務めています。

次回日時:2024年4月10日(水) 9:30~16:30                                     ※ 対面とオンラインのハイブリッド開催

主催:一般社団法人 日本在外企業協会(日外協)

お問い合わせ・お申込みは日外協のHPより

■ 15年振りに「海外派遣者ハンドブック タイ王国編」が改訂されました。  

<発行>

一般社団法人 日本在外企業協会
                                                       

 

タイ王国の概況、労働関係法令、人事・労務管理のポイントなどが集約されています。 特に現地日系企業へ取材し、具体的な事例を元にマネージメントの手法を解説しています。  ※ 弊社代表の山下も事例集の一部に執筆しています。

■ 駐在員必読!タイ(ASEAN)に於ける経営・マネージメントの指南書。

<書籍名> アジア進出企業の経営「成功のメカニズム」                  待ち受ける「落とし穴」を予見し回避することでプレゼンスを高める!

<著者> タイ日系コンサルティング「リブ・コンサルタント・タイランド」※ マネージング・ディレクター 香月義嗣 氏 

<発行所> 株式会社プレジデント社 202331日発行

 ※ 弊社代表の山下はシニア・アドバイザーを務めています。

■ 現地スタッフの日本人駐在員への不満とは・・

1)「日本式管理の押し付け」・・・現地スタッフに理由や狙いも十分説明せずに、一方的に日本人の価値観で業務指示をしてしまう。

2)「現地スタッフに対して、日本では!が口癖」・・・タイ国の根底にある宗教観、思いやりの心、年功序列や階級意識などタイ特有の文化への関心や配慮に欠ける。

3)「仕事の話ばかりで、私的な日常会話が少ない」・・・私的なことは殆ど話さないため、現地スタッフにとってどんな考えを持った上司か分からず、人間としてのコミュニケーションが不足している。

■ タイに赴任した日本人駐在員のお悩み・・

「コミュニケーションの壁」と「異文化の壁」

現実には多くの駐在員や受け入れ部門の方が事前研修を受けられずに「ぶっつけ本番」で仕事をされています。そのため「現地スタッフとのコミュニケーションの壁」と「タイ特有の異文化の壁」に苦労されています。

「コミュニケーションの壁

  • 現地組織の中に入れない。
  • 支持した内容が上手く伝わらない。
  • 報・連・相(ホウ・レン・ソウ)が無い。

「異文化の壁」

  • 現地組織は上位下達(階級や年功序列意識が強い)。
  • 指示待ちのスタッフが多い。
  • 離職率が高い(ジョブホッピング)。


 

■「タイでのマネージメントの極意」とは?。

1)「温暖な気候」と「豊かな風土」が育んだタイ独特の国民性。

日本人から見るとタイ人は「のんびり、お気楽」と感じるようですが、タイ人から見ると日本人は「せっかち、生真面目」と言ってきます。これは、お互いの個性として容認し、尊重し合うことが大切です。

2)日本と異なる社会制度・文化・習慣が存在し、仕事にも影響します。

「階級社会」の影響による「上意下達のコミュニケーション」や「トップダウンによる意思決定」。また、企業活動の歴史が日本より短く、社会制度も不十分のため、「企業へのロイヤルティ」より「家族を大切にする文化」があります。

3)「現地スタッフの心を掴む」マネージメントが重要。

タイ人は理屈や規則で縛られることは苦手です。上司にも思いやりのある家族的な関係を望みます。そのため、タイ人マネージメントに重要なのは「この組織なら」「この上司なら」ここで働きたいと思わせる環境や人間関係作りが重要です。

 

<タイ赴任前研修の実施方法に関して>

タイ赴任前研修は常時受け付けておりますが、特に毎年3月4月9月10月が申し込みのピーク時です。ピーク時に研修を予定されている企業様はお早めにお問い合わせください。

赴任前研修の実施方法として、大きく下記の2通りがあります。

① 企業別個別研修

赴任者が発生した都度、研修の依頼をお受けする方法です。通常、事務所へ訪問して1名~数名で実施いたします。また、タイから研修生や従業員を受け入れる企業様で、日本で彼らを受け入れる部門に対して「タイ異文化研修」を行うこともあります。

 

 

 

② 一般応募集合研修

研修を事業としている各法人様が、年に数回企画して行っています。代表の山下が講師を務める研修は当HPでご案内しています。「最低催行人数」を決めている場合がございますので、事前に開催の有無をご確認ください。

 

 

 

<タイ赴任前研修のお申込み・お問い合わせ先>  

Tel:03-6905-8711

メール:yamashita@thai-longstay.jp

お問い合わせはこちらからも。

お申込み・お見積もり依頼書はこちらをクリック!

 

 

 

 

タイ赴任前研修の内容はこちらをクリック!

研修テキストの概要はここをクリック

<代表・タイ赴任前研修講師 山下雅史のプロフィール>

1974年 富士ゼロックッス株式会社入社。名古屋支店長、本社商品推進部長などを歴任。2003年 元タイ富士ゼロックス株式会社代表取締役副社長。2007年「日タイ・ロングステイ・ネットワーク」を設立し、タイ国政府観光庁から後援を頂き、タイ国での日本人シニアのロングステイの啓蒙と普及の為の活動を開始。2013年屋号を「日タイ・ロングステイ&ビジネス・ネットワーク」に変更。日系企業向けのタイ赴任前講師及びタイ国進出サポート活動にシフト。頻繁にタイと日本を往復している。

■ 代表の山下が担当したオンラインセミナー例のご紹介。

① タイ国日本人会 「タイの異文化と国民性の理解」ここをクリック!

 

 

② インサイトアカデミー 「国別駐在員研修 タイ編」ここをクリック!

 

■ タイ赴任者へ送る励ましのメッセージ!

53歳まで国内畑でサラリーマン人生を歩んで来た弊社代表の山下が、晩年になり突然タイ赴任の内示を受け、孤軍奮闘のタイ駐在員体験から学んだタイ人マネージメントの極意。 こちらをクリック!

  ■ 赴任前研修がオンラインでも学習できます!。

グローバル人材育成のための多様なコンテンツを提供している月額制のオンライン学習プログラム・インサイトアカデミー社が「入会キャンペーン」を展開中!。

 

 

 

 

・弊社代表山下雅史のインタビュー記事                                「形式知」「暗黙知」「実践知」を通じてグローバルビジネスを推進する | | INSIGHT ACADEMY(インサイトアカデミー)


 

◇ コンサルタント及びセミナー 提携講師

代表取締役   佐藤大輔 (さとう だいすけ)

 20050210-073

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<タイ進出をサポートする提携企業・協力組織のご紹介>

■ 日本国内

アジア・ダイナミック・コミュニケーションズ株式会社

株式会社日本・精神技術研究所が開発し、日本国内外で商標登録する心理テスト「内田クレペリン検査」の海外統括販売店(General Distributor Overseas)として、タイ人スタッフの能力および性格・行動面の特徴を測る心理テストを展開。

一般社団法人 日本在外企業協会(日外協)

海外事業展開に関するセミナー・研究会の開催、情報誌発行、政府に対する建議などの活動を行っています。弊社代表の山下は日本在外企業協会の「タイ王国担当の国際アドバイザー」です。

一般社団法人 国際協働研究機構

  (I&Pコンサルティング)

海外および国内の事情、文化、習慣、労働環境、労働法令などの情報を提供し、効果的な人材育成を図ることで企業の発展に寄与する活動を実践。海外赴任前研修への講師派遣も行っています。


インサイトアカデミー株式会社

グローバル人材育成に特化したオンラインプログラムを展開。国別赴任前研修(タイ編)は弊社代表の山下が講師として担当しています


 

日鉄総研株式会社

日本製鉄のシンクタンク。グローバル人材育成への企業研修や国際研修の事業も展開。 タイ赴任前研修は弊社代表の山下が講師として担当しています。

 

■ タイ現地

PERSONNEL COMSULTANT

在タイNO.1の実績を誇る人材紹介会社。タイ国労働省より「優良人材紹介会社」の表彰も受けた会社です。他にもレンタルオフィースや翻訳業など日系企業をサポートしています。当代表の山下も現地で駐在員向けセミナーの講師を務めています。

 LibコンサルティングThailand

「働きがいのある会社」ベストカンパニーに選ばれた『株式会社リブ-・コンサルティング』(東京都千代田区)のタイ法人と当社はアドバイザリー契約を結んでいます。同社はタイの大手携帯会社true社などに、営業やマーケティングのコンサルを手掛け業績向上を実現しています。 

 

M&Aグループ

タイ進出に関する登記手続き、会計報告などタイ進出間もない日系企業へ、あらゆるビジネスをサポートを展開しています。

MEDIATOR CO., LTD. (株式会社メディエーター)

日本の大学を卒業し、日本とタイ両国民の価値観を理解しているガンタ・トーンCEOが運営する会社。日本政府機関からの信頼も厚く、タイにおけるイベント支援や市場調査。タイ事業とのビジネスマッチングをサポート。

 

 

タイ国日本人会 

タイ国日本人会は、1913年に設立された在タイ日本人のための会員互助組織です。

 

 

 

バンコク予約.com

空港送迎・Wifiルーターのレンタル・SPAマッサージの予約をはじめバンコク及びタイ国内のあらゆる予約手配業務を日本語でサポートしてます。